反省会?それとも?

100816pattai

昨日、某所でご馳走になったタイ料理。こちらは、リクエストしておいたパッタイ。タイ風焼きそば。
生のニラともやしを混ぜて、レモンやナンプラーかけると、おいしさひとしお。

100816bajil

バジル炒めも食べたいな、と言ったら本当に出てきました。
ピリ辛で、香りのよいおかず。白いご飯に合います。

コンサートの反省会だよね?あれ?次回のミーティング?
いやいや、単なるタイ料理会かも。
ご馳走様でした~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国語料理教室

070606mantou1














中国語の先生が、我々生徒を自宅に招いてくださり、ランチをご馳走してもらった。
実際、朝から大わらわ(いや、本当は昨夜からだったらしい)。もちろん、授業もするのだが、私とあと2人は、是非とも先生の手元を見たいと、お手伝いチームを組む。
その実、邪魔だったりして。
でも、先生の冷蔵庫や冷凍庫に潜んでいる中国料理食材も見せてもらったし、肉まんやニラたま饅頭の包み方も上達。
驚いたのは、饅頭や皮の素材を、強力粉ではなく薄力粉で作っていたことだ。ひらめはその昔、薄力粉でねぎ餅を作って大失敗。
「薄力粉で作るのって、難しいのだ」
と身に染みた。実際、よほど手際よくやらないと具の餡の水分が混ざり、生地がだれてくる。数人でやって、なんとか、という始末。
「実家では、強力粉は高いから、すべて薄力粉で作る」
のだそう。先生のお宅は、中国の北の方。米文化ではなく、粉文化の地方。

先生、ものすごくたくさん料理を作ってくれたものだから、日記には載せられない。フォトアルバムを作ろう。
左上に作っておきますので、本日のランチ、よかったらご覧くださいませ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

刺身と、豚まん

060901wakashi友人の旦那さんが、釣りに出掛けて活きの良い魚を届けてくれた。鯖、鯛などあったのだが、ひらめはブリ系の魚が好きなので、1匹つかむ。ワカシという、ブリの子供らしい。
「さばけるのか?」
と聞かれると、自信がないのだけれど、ネットで検索して見よう見まねで鯖をさばいたこともあるので、
「なんとかなるじゃろ」
と、割と気楽にもらってきてしまった。
友人Sの「新聞紙の上でさばくといい」というアドバイスのもと、包丁とキッチンばさみでなんとか3枚におろしてみた。骨の間に肉が残ってもったいないので、骨をなめたり。うまいぢゃないか。
ムーンライトはあまり刺身が得意でないので、半身を塩焼きにした。なかなか好評。
刺身の方は、やっぱり下手くそで、ほとんどたたき状態。お客さんにだすわけじゃなし、ま、いいか。
食べてみたら、ブリブリのもっちり。うまいぢゃないか!やってみるもんだ。

060901butaman今日はとある場所に、友人Sがせいろを持って登場。中にはふかしたての豚まん。
先日もらった豚まんがあまりおいしくなかったので、作りたくなったとか。
皮まで手作りだと、フカフカではなくもっちりした噛み応えのある豚まんができあがる。干し椎茸と竹の子を混ぜたお肉は、たっぷり出汁を含んでジューシー。
幸せなおやつ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)