« 告知:ピアノのための発表会 | Main

プロコフィエフ ピアノソナタ5番

180623program

というわけで、先週土曜日は友人主催の「ピアノのための発表会」に出演してきました。
主催者のHさん、お世話になりました。趣旨に賛同して、一緒に参加してくださった方、聴きにいらしてくださった方、本当にありがとうございました。楽しい一日でした。

この発表会は、すでに第3回。3年目です。
「時間制限なしで、長い曲も一つのプログラムとして演奏する機会を作ろう」
と始めた企画。人数はそれほど多くないのですが、午後1時から7時過ぎまでという長丁場。
しかし、熱演でした。
全然飽きさせなかった。最初から最後まで楽しかったという、おそるべき発表会

ひらめはプロコフィエフのピアノソナタ5番(Op.135)を演奏したのですが、それについて少し書いておこうと思います。何人かの方にはお話ししましたが、まとめておきたくなりました。

この曲に出会ったのは、大学生の頃。
そもそもピアノにあまり興味なかったけれど、「友達作ろう」と、多少は腕に覚えのあるピアノサークルに入りました。そもそもクラシックの曲をあまり知らなかったし(「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズを弾く」という友達に「あ、2曲弾くのね」なんて言ってた覚えが)、プロコフィエフがソナタ作ってたなんて!(いや、たいていの作曲家はソナタ書いてるでしょうが)

そこに、なんだか濃い人たちがいて(今の ピアノプロジェのメンバーですが)、どういう経路か忘れましたが、
プロコフィエフのピアノソナタ1番から8番までのカセットテープをくれまして、これまたなぜだかわからないけれど、来る日も来る日も聴いてましたら、段々ハマってきました。
その中で、特に面白いと思ったのがこの5番。ハ長調(!)のソナタでした。
友人が4番が好きで、もう一人友人が6番が好きだというので、がんばって、サークルのコンサートで3人プロコ(
ピアノソナタ4,5,6)を弾こうということに(この時点で恐ろしい決断)。

その頃、まだOp.135の楽譜は見つからず、民音に行って楽譜借りてコピーして、それで譜読みしてました。
「ピアノって、面白いじゃないか」
と初めて思ったのが、これです。
サークルのコンサートで、1・3楽章を演奏しました。
以来、濃いピアノライフが現在まで続いております。

今から思えば、譜読みでいっぱいいっぱいだったと思いますが、若いというのは恐ろしいもので、「弾けた」と思っちゃったんですね~・・・
2楽章も入れて、改めてちゃんと習ってみたいと、ずっと思ってました。

改めていろいろなことをやろうとすると、弾けない弾けない!あの頃、いかに弾けないのに人前に出したかというのがわかって、冷や汗ものですが
それでも、今回それなりに一生懸命練習して全楽章演奏できたのは、感慨深いです。このソナタに惹かれてよかった。あの頃やっちゃったから、今またやろうと思ったわけで。

先週の発表会では、1楽章がボロ出しましたが(かねてより思ってましたが、1楽章が一番難しい)、なんとか立て直し、後半に向けてどんどん楽しくなってきました。終楽章の楽しかったことといったら!
やっぱりこのソナタ、大好き
まだ人前で演奏する機会ありますので、いましばらくプロコ生活を送ろうと思います

|

« 告知:ピアノのための発表会 | Main

ピアノ」カテゴリの記事

Comments

ひらめさん、先日はご一緒できて嬉しかったです。
プロコ、聴いてて凄く面白かったです!
各楽章ともそれぞれ性格が違っていて、楽しく聴かせて頂きました。
またご一緒出来るのを楽しみにしています!

Posted by: かなこ | June 27, 2018 08:28 PM

かなこさん
先日はご一緒できてとっても楽しかったです
プロコ、そんなふうに言ってもらえると全楽章やった甲斐があります。まだまだやりたいこと半分もできてない気もしますが、それでも学生時代よりは「音楽」になってきているかと。
何年か経ってやり直してみると、いろいろなものが見えてきて面白いですよね。きっと、「すたすた」さんのドビュッシーも
音楽って楽しいですよね。また是非ご一緒しましょう

Posted by: ひらめ | June 28, 2018 08:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロコフィエフ ピアノソナタ5番:

« 告知:ピアノのための発表会 | Main