« January 2017 | Main | March 2017 »

高橋悠治ピアノリサイタル

170224yuji


毎年の恒例となってきた、高橋悠治のリサイタルに、今年も行ってきました。
今年のテーマは
「めぐる季節と散らし書き 子供の音楽」
でした。
この人の音楽は、本当に綺麗でわかりやすい。バルトーク好きな自分を再確認しました。
サティの「面白さ」を、こんなに「面白く」表現できる人、この人以上にいないんじゃないかな、と。

以下、プログラム

ヘンリー・パーセル   組曲7番ニ短調
ルイ・クープラン    シャコンヌト短調  パヴァンヌ嬰へ短調
ジョン・ケージ   四季(ピアノ版)
高橋悠治   散らし書き

ベーラ・バルトーク   10の易しい曲
フェルッチョ・ブゾーニ   子供のためのソナティナ
エリック・サティ コ・クォが子供の頃(母のしつけ)
         1.ココアに指を入れないで 2.耳元でうるさくしないで 3.腕で頭を抱えないで
イーゴリ・ストラヴィンスキー 五本指

プログラム解説より
パーセルとクープランは、17世紀の宮廷画家。

「散らし書き」は寸松庵色紙から三枚の筆跡をなぞり、それに別な線や響きを添え、合間に転換の音楽を挟む。

子供のための音楽は、作曲家の基本的な姿勢を見せてくれる。
バルトーク、ブゾーニ、サティ、ストラヴィンスキーは、小さな曲の中で制限された素材を巧みに使って、それぞれのスタイルで20世紀初めの時代を簡潔に表現している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »